子供が生まれ、インテリアに変化が。

夫と結婚して5年間は子供がいなかったので、インテリアにとてもこだわり、お金をかけていました。

夫も私もシンプルで男っぽいインテリアが好きで、ガラスのテーブルや革のソファや角のとがったテレビ台などを好んで購入していました。

10万円以上する家具でも、気にいれば購入し、大切に扱いました。

結婚6年めに、長男が生まれ、だんだん私たちが作り上げたインテリアが壊れていきました。

まず、部屋にベビーベッド、オムツのゴミ箱、おもちゃなどが散乱しました。

長男が歩き出すと、角のとがったテレビ台は危なく、100均一で買ったゴムのガードをつけました。

そのガードを長男がはがすので、ガードの上からガムテープを貼りました。

お気に入りのガラスのテーブルは、長男の指紋やよだれで汚くなり、革のソファもお菓子のクズなどで汚れました。

初めは、そのストレスでおかしくなりそうでしたが、2年後次男が生まれた頃には開き直り、お気に入りのインテリアは子供仕様になりました。

壁にもシールやこどもの落書きでいっぱいですが、幸せが溢れるインテリアになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です